芝居

2019年10月31日

【くるみ】ほんとうのこと。

今晩は☺︎


久々のブログ!


前書いたのが8月で、「12人の怒れる男」が終演したあと。


それから9月は「YAhHoo!!!!」でいわきにも行って、終わって10月はつい数日前まで「愛執罪。」の本番でした。


私としては結構盛りだくさんで、振り返ってみたら嵐がきて過ぎ去るがごとくあっと言う間だった。


まぁ、今年まだあと二カ月あるんですけど!(笑)


でもなんだかもう、今年が終わるなァ、な気分。

そして実際、あっというまなのでしょう(笑)



次のミッションまで少し時間が出来たので、まぁその間にも色々先々のことも考えつつ、自由に有意義に、過ごせたらなと思っている所存です。久々に実家の犬にも会いたいなー。

私はほっとくと、いくらでも眠れてしまうので(笑)



ええと、


なにを書きたくて開いたのかと言いますと


客演させて頂いた、演劇ユニット愚者愚者さんの

舞台「愛執罪。」

で感じたことを、少しでもこうなにか、書き残しておきたいなと思って。

こうして今あいふぉーんを手に執っております。


終わってすぐ、というか寧ろ公演期間中、毎日千秋楽みたいな気持ちに溢れていたのだけれど、

なんだか終わってみたら、リコちゃん割りとすぐいなくなっちゃって。完全燃焼できたのなら良いのだけれど、寂しさをちゃんと噛みしめる間も無く…なんだか、ほんとに夢だったのかなって感覚です。


でも大切なのものごとばかりだったことだけは確かで、それをひとつずつ愛してるな、あれもこれもそれも全部と大切に考えていると、あっという間に一年くらいは経ってしまいそうなので、なるべく早めに大切なことだけを。



さぁ、えーーと。



私はお芝居が好きで。

お芝居することにずっと憧れていた人間でした。

多分自分が認識するよりも小さいときから。


でも、実際にお芝居に触れてから、

心のどこかでずっとずっと、

私はお芝居をする資格が無いと思っていました。


実際にはお芝居に資格なんてものは存在しないし、じゃあ何が足りないんだと色々自分なりに考えて勉強してみたりはしたのだけれど、

自分がほんとに思っていない、そこに書かれている言葉を、つらつら上手に読むことがお芝居とは言わないうことを、素人ながらにも分かっていて、

頭では理解はできるけど、心で共感できない、共感が出来ても、今、一瞬でもあなたと同じように、同じでなくてもそれに限りなく近く喜べるかな、傷つけるかな、と。


そう考えたときに、

これは、神のなせる所業だ!と私は思ったし、わたしはこれを頑張るとかで果たしてできるようになるのか、もし嘘を吐いたことに気づいたとしてそれが許されるのかと考えたら、とても怖いなと思いました。


これは、多分共感力とかだけでなくて、

その中に、想像力とか妄想力とか、なんとなくをなんとなくで終わらせない誠実さとか、それこそ人間力とかいうもの、あとは、自分がどう生きてきたか、でしかないように思いました。



わたしは、自分に嘘つきたくない!って思うけど、結局自分が一番いちばんやりたいことをいつでも選択してきたかと言うと、そうしてきたつもりだったけど絶対にそうではなくて、だから多分ずっと自分のことが大きな理由はなく嫌いで、そんな何のために何してるのか分からない自分に自信も持てなかった。


そんな自分をやっぱり私自身が信頼できていなかったし、だから自分が今どう思っているのかが分からなくなったりしていたんだと思います。


心をあけておくためには、やっぱり何があっても、自分にだけは正直でいないと、と思った。


お芝居じゃなくても、仕事じゃなくても、どんな枠とか関係なく、大人とか子どもとか関係なく、

私は純成分100%のわたしとして、100%のエネルギーで喜んだり悲しんだりしたかったんだと思う。


お芝居を素敵だなって思う理由も、

結局そこに大きく繋がってると思うんですよね☺︎


もともと私は、天気良いとか道に猫いたとかだけで、一喜一憂できる超楽観的・単純人間で。


わたしはでもそんな本来の自分が好きだし、

いっぱいつぎはいだ結果それがもし分からなくなったら、絶対人生損してると思うの!(笑)


お芝居をやるなら尚のこと、

いつでも自分をじぶんが一番よく分かっていたいし、何がきてもそのまま、自分の偏見や価値観で形を変えず、受け入れられる器を持っていたい、と切に思いました。




、、、、、、、、




いや、愛執罪のこと書いてないじゃん!(笑)


って、思うかもなんですけど

(私も思ったけど!笑)


こういう諸々の、なんで生きづらい感じしちゃうんだろーなーとか、なんでいつでも楽しいと思えないんだろーなーって、

小学生とかもっと前からずーっと思っていたことへのひとつの答えが、

この愛執罪という作品に関わったことによって、自分の中で出せたような気がしました。


これは、これからもどんどん変わって、

数年後、今みたいには微塵にも思ってなかったりしたらちょっと恥ずかしいかもだけど、

その時は、きっとこれも愛おしく思えるはずだから、これでいい。


今回は、自分に対しても、他人に対しても、

“信じる”

ということが、とてもキーになった。


信じてるとか信じたいとか思っていても、

ほんとはどう思ってるなんか自分では選べないし決められない。

私の場合は、ほんとのことをいうと、

やっぱり“ほんとう”のことしか信じられないのだと思います。

不器用じゃーん!って笑い飛ばして、そんなわたしとやっていきたいのだと思います。

逆に粋な武器にもなるかもしれないしさ!(笑)


自分が特別じゃないと知っているけど、

自分にとって自分は特別で当たり前なので、

とりあえず今はそれでいいかなと思っています。


あーーー、でも、人の為に生きられる大人には、はやく、一刻もはやく、なりたいならねばとは常日頃思っております!!!!!😭(笑)



、、、、、、、、



はい。



ほとんど、作品のことについては触れられませんでしたが(笑)


最後に少しだけ。


私が演じた、お姉ちゃん思いなリコへ、

楽しくも辛く苦しい、幸せな時間をありがとう。

あなたを知りたくてはじめに歩み寄ったのは私だけど、結局本番ではあなたが私の方に歩み寄ってくれていて、多分それが舞台の上での全てでした。

なんかね、楽しかったー☺︎

私は一応現実では姉として生まれたので、妹ってどんな感じだろう!?ってとこから始まったのですが、リコの場合は誰とでもすぐ仲良くなれて、天真爛漫なただの天然に見せかけて、下の子らしく周りもよーく見てて、なかなかに賢いっていう(笑)


でもその力を借りたおかげで、わたしはいつもより人に一歩踏み込めたような気がした。


あと、こんな自分もいるのかなと思ったら、私はリコ好きなのでなんだかわくわくしたし嬉しかった☺︎*



尊敬してやまない演劇ユニット愚者愚者の

久我さん、主税さん、咲紀ちゃん。


そして、大好きな座組みの皆。

もう、出会ってくれてありがとうとしか言えないです。

約一ヶ月、いや一ヶ月にも満たないこの短い時間の中で、こんなにも濃く愛おしい、沢山の思い出と、役者としてだけでなく人としての学びをありがとう。

でもきっと、毎日楽しかったり悩んだりした沢山のキラキラ細々したことは、すぐに埋もれて、だんだん忘れていっちゃうんだろうな。


それでもやっぱり、この時間があったことを私は一生忘れないと思う。

これから生きていくなかで、この作品がきっと私を守り、強くさせてくれると確信しています。


これからも、たくさん本当のことが知りたいし、本物の感情に触れて成長していきたいです。



結局長くなってしまいました。


文章が、どうか暗くなってないといいけど

個人的にはめちゃくちゃ本域でポジティブなブログなので、これから読み返すけどあんまり校正しないで投稿できたらなと思います(笑)


ここまで読んでくれたあなた、

きっとわたしたち、仲良くなれると思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

なんだか、すみませんでした(笑)



あ、あと、最後に…!


ついに来年公演の「えんとつ町のプペル」についての詳細も発表されました🎃✨


今回も夢と希望とハッピーとファンタジーを沢山の方に届けたいと思います!

とにかく私自身がめちゃくちゃにわくわくしています😭✨


今年も例に漏れず何もハロウィンをしていないけど、残りの時間はハロハロハロウィンプペプップープペルをエンドレスリピートで口ずさみながら、そしてそのまま眠りにつこうと思います。

(えんとつ町のプペル主題歌・YouTubeで聴けます!ぜひごいっしよに。笑)



とりあえず、これ以上公園にいると凍え死ぬので帰ります。

電池なくなる前に書き終えられて良かった。


ご拝読、どうもありがとうございました。



くるみ



nk2007blog at 23:30|PermalinkComments(0)

2019年04月08日

【くるみ】私のはじめてpart2

IMG_1449

なんか、食べてる写真ばっかり(笑)

劇場見学2日目!!!

駅に辿り着くまでに一難ありましたが
今日は駅から劇場へはちゃんと辿り着けました🤗
(付いていっただけ)

こんな場所あったんだー!!!な、
素敵な劇場に沢山出会えました。

劇場にもやはり、個性が。

ステージ、客席、広さ、横長、縦長、入り口、
ロビー、トイレ、楽屋、不思議な抜け道…etc.

色々あるけど、でも、なんだかんだでインスピレーションが一番大事だなと思いました。
あと、作品との相性とか雰囲気というか…。

劇場の空気が好きなのでとても楽しかったし、
自分がお客さんだったらって想像したりして、
いました。


自分が舞台を観るとき、いいなって思うポイントのひとつが”開演前のドキドキ感”☺︎

昔より、演劇を観る機会は増えたけど、
それでも劇場に入ってあっ!これだ!ってなった
ときはすごく高揚するし、嬉しくなります。
空間の力?空気の力?なんだろう。

あ〜。

書いてたら、それ感じたくなった〜!!!!


IMG_1451

帰り際に、新大久保で
初・デーロンチーズスティック!!!

流石にこれは、食べたことある人、
そんなにいないのでは…!?!(笑)

名前、合ってたっけって検索してみたら
最近日本に進出して来たもののようでした☺︎



おすすめー!!!!!!




そして、




おやすみなさいー!!!!!!!




くるみ



nk2007blog at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年04月07日

【くるみ】私のはじめて

今日も一日お疲れ様です☺︎
今日は劇場の見学に行ってきました!
新しい匂いがした。

の帰りに、初もりそば食して参りました。
蕎麦???というか麺?つけめん!!?

IMG_1296

冷麺といい、麺系で食べたことないものが意外に多いということが発覚。

もりそば、かけそば、まぜそば、ざるそば、らーめん、つけめん、あと、、、そうめん???

麺の種類も、食べ方も、幅広いのですね。


IMG_1300

普通盛りだったのに麺の量がすごくて!
みんなでびっくり。
半分くらい、あかまさんのもりそばにもりそばさせて頂きました。
テラス席、気持ちよかったー!!!

IMG_1307

数年ぶりのキックボード(笑)
楽しい。
あかまさんは毎日これで移動しているそう。
すごい。


着々と、今後の公演へ向けて色んなことが動いています。
今まで知らなかった面を見るのはドキドキするけど、物事が具体的になる様に直接触れられるのはとてもワクワク☺︎

実際の公演はまだ先ですが、
皆様に劇場でお会いできることを楽しみに
自分にできることを頑張ります!!!

なんだか、言葉は大分ありきたりだけど、
思いはそのままなので、そのままで☺︎笑

おやすみなさい˚⁎⁺˳✧༚



くるみ



nk2007blog at 23:59|PermalinkComments(0)

2019年04月02日

【くるみ】BLACKBIRD終演

IMG_0904

皆さま、今日も一日お疲れ様です☺︎

ブログ更新遅くなってしまいましたが、一昨日無事に舞台版「BLACK BIRD」の幕を下すことができました。

観に来てくださった皆さま、
そして応援してくださった皆さま、
本当にほんとうにありがとうございました。


沢山の方に愛されてきた作品に
こうして愛をもって取り組み、無事皆さまにお届けできたことを本当に嬉しく思います。
それだけ大好きだった作品・カンパニーだっただけに今とても寂しい気持ちでいっぱいです。

今回、私は”妖もの”としていろんな役回りで出演させて頂きました。

ダンスに殺陣、アクション。
そして声で物語の空気を動かす、ボイタル。
お芝居も動きメインで表現をするシーンが多く、初めてのことに沢山挑戦させて頂きました。

しかも、舞台の上で。お客様の前で。
こんな光栄なことって、滅多にないと思います。


共演者の皆さん、そして全力でこの作品を支え創り上げて下さったスタッフの皆さん全員には、もう感謝しかありません。


稽古から本番までのこの一ヶ月間、正直わたしは皆さんに助けられてしかいませんでした。
強さと優しさを持つ皆さんとでなければ、
私はこうして本番を迎えられてなかったのではないかと思います。

皆さんがいてくれたから、前を向いてここまでこれました。

この時間から沢山のことに気づき、
改めて自分から逃げたくない、変わりたいと強く思うことができました。


そして、桜小路かのこ先生。
こんな素敵な作品を世に生み出して下さって、本当にほんとうにありがとうございました。
BLACK BIRDの世界が、みんなが、これからも私の心の支えになってくれると思います。


高校生くらいの私に「今こんなことしてるんだよ!」って教えてあげたら、きっと目を輝かせて喜ぶだろうなぁ。

この作品、そして皆さまとの出会いは、私の人生の財産であり宝です。


これからもこの気持ちを忘れずに、次へ、前へ進んで行きたいと思います。


大好きがいっぱいだ。
本当に、ありがとうございました。

IMG_1010


くるみ



nk2007blog at 20:53|PermalinkComments(0)

2019年03月10日

【キムラ】ワークショップオーディション

自分でやってる事を、
どんどん残していこうと思うんです。

僕が「演劇」「芝居」「劇団」「演出家」「作家」「プロとして」
この職業を目指し始めた時、
参考に出来るものがなかったし、
ちゃんと教えてくれる人もいなかった。

無理やり教えられても人は何も覚えません。

キムラ真が自分でやって来た事、やっている事の確認の為に、
ブログに残していきたいと思います。

IMG_1833


見たい人は、
勝手に見ましょう。
「覗き見」が、
一番脳裏に焼き付きます笑

今日は、
ナイスコンプレックスの出演者オーディション。
せっかく出会ったんだから、
じっくり知り合いたいので、
「ワークショップオーディション」にしています。

うちがやる事です。

〜案に課題を送ります。
今回の課題は、「あなたの【武器】を教えて下さい」です。
実際に送ったのが↓

『ナイスコンプレックスは、「武器」を持っている方を求めています。
「武器」とは、あなたの「得意」な事です。「長所」では、ありません。
「優しい・明るい・気がきく」これは、武器ではありません。

 今回は、
「武器」がある事が最低条件です。

 オーディションの一つとして、1人15分ずつ、
 その「自分の武器を他人と共有する」ワークショップをして頂きます。

 質問は、受付ません。

「自分の武器」「他人と共有する」

 このキーワードで、
 一晩、考えながら自分と向き合ってみてくださいませ。
 明日、お会いできる事を楽しみにしています。       キムラ真』

▲錙璽ショップオーディションの開始
→しっかり自分の為の準備をする事。

自己紹介
→自分の事を「短く、的確に、相手の為に」プレゼンする事。

ぅ瀬鵐好錙璽ショップ
→みんなで、ひとり1カウントずつ考えて全員で回して、それを何周かして、
1曲の振りを作る。
条件は、【みんなが出来る事】。出来ない事は、ディスカッションして直します。
それを繰り返し、最後は僕が見ます。

ゲ歛螢錙璽ショップ
→今回は、「自分の武器を伝える」
15分ずつのワークショップをして貰います。
自分の武器を相手に伝える。そうする事で、自分を知る事にもなる。
うちは、「一緒に創れる人」を求めているので、
こう言う事をしています。

Α崋由に表現する」or「セリフで表現する」
→イ泙埜て、どっちやるか決めます。

「自由に表現する」は、
何でもないテーマ曲で、「自分」を表現してもらう。
約2分間、その場所・時間を独占して、
自由に「自分」を観てる側に「伝える」

「セリフで表現する」は、
僕が台本を渡し、
「解釈」「表現」「芝居力」をみます。


⭐︎いつも心がけているのが、
せっかく来てくれてるのだから、
僕の目線で「その人の良い所を見つける」事です。

「あなたは〇〇がいいですよ」
それが言える様に、見ています。


これが、
うちのオーディション、
「知る為」のワークショップです。




nk2007blog at 11:43|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: