父の日

2019年06月12日

【木村】残念な親父…と、一人息子

明日から日曜日まで福島県いわき市に滞在します。仕事じゃなくて、いわきに居たくて。
その後日曜日からは宮城県仙台市に滞在します。これも仕事じゃなくて、父親側の実家なのです。

うちの作品『ナイスコンプレックス』を観て頂いた方は知っていると思いますが、

うちの両親は、僕が14歳の時に離婚して、思春期なマコトくんはお母さんと共に札幌で新しい生活を始めました。

そんな親父とも僕が24歳の時に、会いに行き「再会」しました。
一緒にお酒飲んだりして。親父行きつけのスナックで。酔ってる時の姿がなんとなく似ていて。親子だなって。


親父は好きにやってますので、僕はお母さんの事を考えるようにしています。

でも、宮城県と北海道ですから、なんだかんだで親父の所に行く事が多くて。
酔っ払って、訳の分からん事を親父が言い出したら、一年くらい音信不通にしたり。
その分、最近はお母さんにたくさん会えてました。


ほんでね。

日曜から仙台に行くので、荒浜行くよ。って電話したら…

 俺、島忠のフードコートにて、サーティーワンアイスを食べながら電話をする。

俺「お父さん」
親父「おう」
俺「いきなりなんだけど、次の日曜日仙台行くんだけど、泊まっていい?」
親父「(音声混雑)なに?」
俺「鍵あるから、泊まらせてくれるだけでいいんだけど…」
親父「誕生日会か↑?」
俺「なに?…酔っ払ってんの?」
親父「(音声混雑)」
俺「お父さん?聞こえる?」
親父「飲んでるんだよ…ん?何?マコトか?」
俺「はあ!??!!?」

  俺、電話を切る。
  周りの家族、俺ことアイス坊主を一瞥して視線をそらす。


な、事がありました。

あったま来てしまい。親父は酔っ払うと訳の分からん事を言ってきます。
「子供が親から聞きたく無いような事」
その度に、距離を置きます。

息子が分からんかね?しかも携帯電話なんだから名前出んべさ!
今まで親父に言われた「訳の分からん事」が思い出されます。

その後も、3回ほど着信がありましたが、出ませんでした。


そして、今、その事をブログに書こうと思って…あれ?

日曜日。

6月16日…「父の日」なんだ…


知らずに電話してました。



残念な息子と、残念な、親父さんです。



写真は、仙台の定義山にある「あぶらげ」です。

サンドの伊達さんが紹介しているやつです。

美味しいけど、遠いいね。
IMG_1354



nk2007blog at 11:47|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: