劇団

2021年06月30日

【ナイコン12人】役者紹介「山本誠大」陪審員5号

〜ナイコン12人は、
開催責任者木村真が出会った「芝居が大好きな役者」
「一緒に芝居をしたい役者」に招待状を贈り、受けてくれた役者のみが上がれる舞台である〜


【選ばれた役者が集う場所】

今回のキャスト紹介は、、、
c063c4ad51eb9cc56b245bc1e382457a2_70535985_210619_16

山本誠大」!
(陪審員5号)2年連続2回目の出場!


マサヒロに求める事は一つ。

『そろそろ本気になって欲しい』なと。

「手を抜く・抜かない」とかそういう意味じゃない。

最初っから全てを見せて欲しい。

言われてから気付くではない。
言われても見出せないでもない。
失敗してから分かるじゃない。

最初っから本気を出していると思わせて欲しい

声を全力で出すじゃない。
感情をMAXにするでもない。
独りよがりで突っ走るなんて絶対違う。

作品を引っ張る姿を見たい。


マサヒロは昨年のナイコン12人以来です。
その間の芝居は観ていません。

この1年どう生きたか。


「ハマった時の芝居は誰よりも本気」


ダメ出しなんか受けない役者になれる筈。
オーダーのみ。
むしろ解釈を深掘りして欲しい。

みんなのお兄ちゃんなんだから。

※実は7号役の桑野晃輔くんとは、十代からの付き合いとか。勿論11号の竹下健人くんもね。



ちょーー期待しています!!

今年は大阪から始まるぞ!


チケット販売中!
売り切れ回あり!!お早めに!

公演概要・チケット予約はこちら


http://naikon.jp/next.html


nk2007blog at 19:07|PermalinkComments(0)

【ナイコン12人】役者紹介「堀田怜央」陪審員5号

〜ナイコン12人は、
開催責任者木村真が出会った「芝居が大好きな役者」
「一緒に芝居をしたい役者」に招待状を贈り、受けてくれた役者のみが上がれる舞台である〜


【選ばれた役者が集う場所】

今回のキャスト紹介は、、、
c063c4ad51eb9cc56b245bc1e382457a2_70535985_210619_15

堀田怜央」!
(陪審員5号)3年振り2回目の出場!


見事、帰って来てくれました!

この3年の間も、
僕はレオの芝居は観てきました。

今年は新人ではなく
「5号をより魅力的に表現する為の役者」として、
招待状を送りました。


2号、5号は若い役者が配役されがちです。
僕も最初はそうでした。
ですが、前回から変わりました。

戯曲には「若い」なんて一つも書いていません。
僕がバカでした。

5号の役割。
そしてより解釈を深掘りする。

レオにはその「戯曲を喰らう」
楽しみを是非やって頂きたい。


個人的に、
キムラはレオの「声」が大好き
です。
性格も。

絶対怒らない。

怒りとは正反対。


これまでナイコン12人は沢山の俳優が参加しています。だけど「怒った瞬間」が残っている人は多くはありません。

「怜央はその数少ない俳優の1人です」

何年前だろうと関係ない。
しっかり残っています。

3年前のナイコン12人2018
5C86F3D8-33CA-4138-BD00-58D7DA92A378

チケット販売中!
売り切れ回あり!!お早めに!

公演概要・チケット予約はこちら


http://naikon.jp/next.html



nk2007blog at 17:01|PermalinkComments(0)

2021年06月28日

【ナイコン12人】役者紹介「藤原祐規」陪審員4号

〜ナイコン12人は、
開催責任者木村真が出会った「芝居が大好きな役者」
「一緒に芝居をしたい役者」に招待状を贈り、受けてくれた役者のみが上がれる舞台である〜


【選ばれた役者が集う場所】

今回のキャスト紹介は、、、
c063c4ad51eb9cc56b245bc1e382457a2_70535985_210619_17


藤原祐規」!
(陪審員4号)初参戦。

​いやー「遂に!」です!


初回の4年前からずっと​オファーし続けて来ました。

念願の!参戦!!
しかも4号!!!!

藤原とはもう!イチバン長い!

僕が演出家として最初にお給料頂いた舞台が出会いです。極上文學『銀河鉄道の夜』
(今Wikipedia見て調べたら「2012年」でした。9年前。「31歳で初めてお給料貰えたんだー」と、改めて実感。当たり前じゃねーね。大感謝しております)

同じ歳って事もあって色々話して。

ナイコンで劇団員以外では初の座長を背負って貰い。
(『ゲズントハイト』2012)

その後もたびたび一緒になり。
衝撃的に閃いたやってみたいけど形にするのは難しい演出は、積極的に藤原にお願いするようになり。


気付けば、
極上文學は唯一無二の形になり、
我々も40になり、
新人でもベテランでもない位置で、
また一緒に「芝居ができる」


「演出家キムラ真がイチバン最初に信頼した役者です」


藤原とストレートをやるのは『ゲズントハイト』以来。久々だ。ホントに。変わりましたかね?


(ちなみに最近一緒だった舞台チャージマン研!)

IMG_9322
極上文學、P3WM(舞台ペルソナ3)、チャー研。
この約10年、一緒にやった演目は実は3作品。
ただ、全てがシリーズ物。


濃い30代でした。


さて、40代です。



「演劇大好き」の上を目指したいですね。


チケット販売中!
売り切れ回あり!!お早めに!

公演概要・チケット予約はこちら


http://naikon.jp/next.html




nk2007blog at 09:43|PermalinkComments(0)

2021年06月27日

【ナイコン12人】役者紹介「横井翔二郎」陪審員4号

〜ナイコン12人は、
開催責任者木村真が出会った「芝居が大好きな役者」
「一緒に芝居をしたい役者」に招待状を贈り、受けてくれた役者のみが上がれる舞台である〜


【選ばれた役者が集う場所】

今回のキャスト紹介は、、、
c063c4ad51eb9cc56b245bc1e382457a2_70535985_210619_18


横井翔二郎」です!(陪審員4号)
2年連続2回目の出場。


横井とは会ってまだ間もないんです。
でも、どっぷりなんです。
いつも、あたまの中にいるんです。

不思議です。

ま、シンプルに人間として大好きで、
役者としても必要なんですね。
だからだす。


昨年のナイコン12人はまさにコロナ禍でした。

「渦中の渦」
うちからクラスターが出たのではないのに、
勘違いしたSNSの誹謗中傷の針が向けられ、
メンタルが瀕死でした。

【俺達は悪いことは何もしていない】その正義と、
稽古場で待っている役者のみんなの想いで、
なんとか踏んばれました。


全員が緊張の中の対応対策で挑んだ稽古。


その渦中で、
作品を追求する姿、
そして
「芝居を純粋に楽しんでいる姿」に
救われました。

「来年の夏も空けています!」

この翔二郎の一声がどんなにチカラになったか。




みなさんが抱く翔二郎の印象はどんな感じでしょうか?

漫画っぽい代名詞を付けるなら
「ミスターパーフェクト」

僕の好きな漫画で例えるなら
「三井寿」

やっている役柄で言うと
「王子」?「貴公子」?



僕の素朴な印象は、
「嬉しい時に溢れ見せる素朴な笑顔で分かる日本男子」です。

お顔立ち、スタイル、好きな音楽、着ているTシャツの柄、などなど、翔二郎は西洋な感じが素敵だと思うのですが、

僕にとっては、
笑顔、立ち姿、精神、着ているTシャツの柄、
など、俺が昔から思うカッコいい日本人のそれ、
なんです。


だから好きです。


だから翔二郎には、
ミリ単位のオーダーを出します。
「擬音語」と「テンション」で伝えるオーダーはしません。

明確に、ココのココを、コウして欲しい。
言葉は短く。

翔二郎にはそれが適しています。

「無駄のない役者」

「無駄を無駄と考えない人間」


↑「キムラさん、ブログありがとうございます。大変素敵な紹介を、、、ただ、、、短くないですか?」と申告され、「だよね笑」と追記しました笑笑




「世界一の4号を目指したら?」

この大きな宿題を背負った、
横井翔二郎を是非観て頂きたいです。


周りを見て芝居を作れる大好きな役者さんです。


[いよいよ、
明日6/28チケット発売です!]


公演概要↓
http://naikon.jp/next.html



明日の紹介は、
満を持しての久々のナイスコンプレックス登場の、
あの人です。


nk2007blog at 15:38|PermalinkComments(0)

【ナイコン12人】役者紹介「上杉祥三」陪審員3号


〜ナイコン12人は、
開催責任者木村真が出会った「芝居が大好きな役者」
「一緒に芝居をしたい役者」に招待状を贈り、受けてくれた役者のみが上がれる舞台である〜

【選ばれた役者が集う場所】

今回のキャスト紹介は、、、c063c4ad51eb9cc56b245bc1e382457a2_70535985_210619_19
「上杉祥三」さんです!(初参戦)
上杉さんをご存知でない方いらっしゃいますか?

勿体ない!、、、いや、羨ましい!
これから知って、あの衝撃を体験出来るんだから。

参考にならないかも知れませんが、
Wikipediaを見てみて下さいませ。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/上杉祥三


[抜粋]

略歴・人物編集

1981年青年座俳優養成所卒。同年に野田秀樹率いる劇団夢の遊眠社に入団。皿洗いのバイトをしながら演劇活動を続け、当時1300円のチケットだった遊眠社を日本で有数のトップ劇団へと成長させる。劇団の看板俳優として活躍。

1988年には上杉祥三プロデュースチーム結成。在団中よりシェイクスピア作品に傾倒し、1991年よりグローブ座カンパニーの座長としてシェイクスピアレパートリー公演を開始。若手随一のシェイクスピア俳優として注目される。

その後も舞台俳優として人気を博しつつ、映像でも活躍し、小説家、脚本家などもこなし、現在に至る。妻で俳優の長野里美2002年より演劇ユニット・トレランスの活動も行っている。


つまり!シンプルに云うと、

現代演劇の祖!

今の「演劇の自由さ」を

形にしたパイオニアなんです!

※(キムラが考える【現代演劇】【演劇の自由】という意味です)

なので、演劇人は今回のナイコン12人への、上杉さんの参加に驚いています。


〈なぜ、出演して頂けたか?〉

ちょっとまだ言いたくないですね。

「今を生きる演劇大好き人間の想いを受け止めて頂いた」

とだけ。今は。


上杉祥三という大役者と、

僕が大好きな役者たちはどう向き合うか。

楽しみで仕方がありません。


僕自身、演出としてしっかり向き合いたいです。

「12人で向き合う」

この夏の経験は、

やる方も観る方も、スタッフ迄、

これからの為の特別な時間になると確信しています。


本当に観て頂きたいです!


〈明日6/28

いよいよチケット発売!〉


公演概要↓

http://naikon.jp/next.html


次の紹介は、いよいよ4号です!



nk2007blog at 14:16|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: