スポンサーリンク

百瀬友水の記事

2019年03月23日

【百瀬】ぼす

毎日広告で見るんですよね。




電車広告の、ボス。










好きに生きたら?
ティーーーーーーーーーーーーーーっス!
男だから、女だから、こうあるべき。
…じゃなくて、もっと自由でいんじゃない?
コーヒーのボスが、紅茶だしちゃう時代だし。






「CRAFT BOSS TEA!」














めっちゃ美味しそうなんですよね。
なんか始めて広告された気がしました。
デザインも良いし、ティーだけの宣伝なのに、他のコーヒーのボトルも描かれていて、ティーもコーヒーも飲みたくなる、そんな広告。








そこそこ、探しました。
売ってない。。。。







飲みてぇ……。




nk2007blog at 10:57|PermalinkComments(0)

2019年03月22日

【百瀬】がっしょうどう16

1,を見てない方は是非そこから。
















合唱において、、、、





誰かが抜けることは想像以上に厳しいものなのです。













時は高校一年生の夏休み手前。






同じ合唱団で同じ高校へ進学したM。





Mは別の部活動で忙しく、合唱団には高校進学後一度も来ていない。








それでも合唱団で配られたプリントとかを僕はMに学校が同じなので、届けていました。







Mは何ヶ月かぶりに合唱団へ来ました。







Mとの合唱はそれがさいご。






Mは部活に専念するために、
合唱団をやめました。







僕はそれを聞いていました。







やめようとおもっている、と。






その時、はじめての感情が湧いてきました。
まだいてほしい。仕方がない。応援したい。

さみしいけれど、本人が決めたこと。

いつでも帰ってきていいよ。








けれども結果的に帰ってくることはありませんでした。別に合唱団をきらいになったわけでもないので、演奏も見にきてくれましたし、合唱に対して愛を持っている人でした。



でも、やっぱり今でもこの出来事は心にあり、合唱を一緒にやったメンバーが抜けることはこんなに辛いんだな、と知ると同時に、これから出会うメンバーとはずっと(学生時代なら卒業、卒団まで)合唱をやりたい、、、、合唱をやれるように自分にできることはなんだろうと考えることが多くなりました。












でもまだこの時はその答えを一つも見つけ出せていません。









、、、、
そう思っていてもうまくいかない時はやってくるんですが、、、、、






次回、
文化祭!

IMG_4132





nk2007blog at 10:12|PermalinkComments(0)

2019年03月21日

【百瀬】すききらい

僕小さい頃、好き嫌い激しくて、
嫌いなもんは食わず嫌いもあって、一生食べない勢いでした。



でもそのかわり好きなものもたくさんありました。


トマト。いちご。ハンバーガーの中にあるピクルス。海苔。パン。爽健美茶。ココア。カラムーチョ。

これだけで生活できるレベルです。



で、嫌いなものはピーマンとか、ナスとか、まあ、別に子供にはよくある、嫌いなものシリーズです。




そして、何が言いたいかというと、食わず嫌い、又は食べずに過ごしていた食べものが意外とあるんだなと気づきました。


友水が中学、高校くらいまで食べたことのないもの。
紅茶、柿、鍋、牛丼、梨、タピオカ


最近やっと食べたもの。
パクチー、湯葉、モツ鍋、オクラ


生きてきて、食べたことのないもの
モンブラン、もんじゃ焼き




あくまで
世間一般の21歳は食べたことあるんじゃないか?という偏見前提で「俺ぁ、食べたことぁ、ねぇなぁ」って思うものはこんな感じです。



そりゃあ、シュールストレミングスとか、ドリアンとか、世間一般も食べたこと無さそうなものは除外してます。







今年中には、モンブランともんじゃ焼きは食べよう。






お金は小さい頃から好きだったようです。
IMG_0945





nk2007blog at 10:26|PermalinkComments(0)

2019年03月20日

【百瀬】がっしょうどう15

1.をみてないかたは是非そこから。














僕は音楽の授業は興味なかったんですが、無意識に歌は好きだったんです。




といっても母の車の中でCDをかけて、車に乗ってる時だけ、めちゃくちゃ歌う。みたいな程度。




で、なんでそうなったかというと、



小学校1年のときに、全校合唱か、学年合唱かで、槇原敬之さんのどんなときも。をうたう機会がありました。


いま思い返すと、



いやいや、小学校低学年でどんなときも。て!


ってなります。





でそれを知った母?が槇原敬之のアルバムCDを買ってくれて、どんなときも。ばかり聞いていました。




当然アルバムなんで、他の曲もありますし、自然に聞くことになります。僕はすぐに三曲覚えました。


冬がはじまるよ
もう恋なんてしない
北風〜君にとどきますように〜


小学校で、もう恋なんてしないを覚えたのはきっと世界で僕だけでしょう。



しばらくはその四曲をヘビーヘビーローテーションして歌ってました。




他の曲も、聴いてはいましたが、覚えるほどには聴かずに中学生まで過ごしました。



で、合唱をやりはじめ、うたうことが好きになったので他の曲もしっかり覚えました。








ある時、合唱団の先生が発声指導中に、
「あの人、ほら、あの声の綺麗な、、」
誰かが
「槇原敬之?」
「そう!あの人だけは綺麗な声してる!みんなも見習った方がいいよ〜」



と。







たしかに槇原敬之さんの歌い方は常に喉を傷つけない歌い方で、特に高い音の発声の仕方に関しては憧れるものがあります。






そう、合唱向きの歌い方なんです。






今は、多くの歌手の歌も歌いますし、歌い方もたくさん知りました。




でも合唱的にいうとやっぱり槇原敬之さんが一番なんです。個人的にも一番。







今では、合唱曲と槇原さんの曲を歌うことが僕の発声方法。












小学校から僕のがっしょうどうは始まっていたのです。






次回、
はじめて味わう辛さ。
IMG_3647



nk2007blog at 11:51|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

【百瀬】がっしょうどう14

1,を見てない方は是非そこから。











Nコンには課題曲と自由曲があります。




自由曲は名の通り、自由に決めて良いのです。






僕が高1のときの自由曲は


「げんげ田の道を」四部合唱

という曲でした。


ゆっくりゆっくり歩くような曲で美しい曲です。




当時の僕はかなり悩まされました。
まず、男声のテノールパートが僕1人だったので、重みが違って、自分では合ってるつもりの音も結構外してたっぽいです。
でも特に難しかったのは「上のファ」の音。

今ではそんな音余裕ででますが、当時は正しい発声方もわからないぴちぴちの16歳なのでめちゃくちゃ苦労しました。
意識してもしてもダメで結局本番もそんなうまくいかなかったです。




この曲は難しいところもありましたが、面白い特徴的なところもあります。


それは、


主旋律が二つ。



簡単にいうと全体の構成として、
一番、二番、一番二番同時。
みたいなかんじです。


合唱ならではだと思いますが、主旋律を二つうたっていても綺麗なあの音たち。





最初に頑張った曲の一つなので今でも好きな合唱曲のひとつです。





次回、
槇原敬之さんへの想い


IMG_0854




nk2007blog at 09:56|PermalinkComments(0)

スポンサーリンク

Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: