2019年07月14日

【キムラ】12人の怒れる男稽古11日目、残2日。

「仕上がってる!」

稽古が残り2日ある状況で、「仕上がっています」

稽古の大大大大大成功を意味しますね。


よく稽古のラストになると言う、
「稽古場でやれる事はもうない。あとは劇場で!」とは同じではありません。

もう、本番でいいです。今日が本番じゃなかったのも「勿体無い」


今日から、11号役の竹下健人が合流しました。

過密なスケジュールがわかってる中、「参戦」してくれています。

やっぱりちゃんと持ってきてくれました。


だからこその、「仕上がっている」なんです。


スケジュールが中々ないキャストもいます。
でも僕はそこ合わせでは作品作りしません。なぜなら稽古は必ず進まなくてはならないから。

稽古量が少ないキャストは、自分で追いつかなければならないと考えています。

それを、そこ合わせにしてしまうと、ずっと居るキャストの為にならない。
あと、遅れてきたキャストも嫌でしょ?そんなの。

「スケジュールなんだからしょうがないじゃん。僕の為の稽古してよー」って言うようなキャストだったら、元々ナイスコンプレックスにキャスティングされません。

あと、そんな事言うヤカラを僕がミル訳がありません笑


稽古場が素晴らしく進んでいれば、「芝居が大好きな」キャストなら必死についてくるんです。


最高だよ。みんな。


最高ーーーー!!!!本当に最高なんです!

しかも、毎日「最高更新」だし。


キャストのみんなに言っています。

「今まで一緒に仕事した、プロデューサー・演出家・スタッフ・役者の先輩・後輩。自分が得する為にこの作品を使って下さい。それくらい素晴らしいです。【今後】に繋がる作品になりましたので、観て貰って下さい」


それくらい、「進化」が観れる舞台になっていますよ。


お越し下さいませ。


★東京初日・千秋楽は完売しております。

逆に!
7/18(木) 14:00/19:00
7/19(金) 14:00

の回が、観やすくなっております!

満席の方が、キャストはいい芝居をします。だって最高に嬉しいもん。
これは演出ではどうしようも出来ない、最高の「スパイス」です。

「最高の状況でお客さんに観て頂きたい。
最高の状況でキャストに生きて貰いたい。」


結局僕は、これだけです。

演出家は、幕が上がれば何も出来ません。
ただ、お客さんにはその力がある。

「ただただ、何も考えず観る」それだけで十分。


なので、劇場に来てーーーー!!!!

IMG_6552


この舞台が大好きなんですーーーー!!!!!


(シラフです。朝です。それでもこんだけ言ってしまうんです笑)


チケットフォームはこちらです↓
http://confetti-web.com/naikon


東京公演詳細はこちら↓
http://ナイコンブログ.jp/archives/52224726.html?ref=popular_article&id=2348999-216103




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: