2019年07月08日

【キムラ】12人の怒れる男稽古5日目

4日目の稽古でラストまでいき、5日目の稽古。


全体を半分に分け、半通し・半通し。


その中でも、ここはこれが大事と言う事を全員で共有。


上演時間はカーテンコール込みで

「1時間55分」です。

『12人の怒れる男』で2時間を切るのがまず目標。

「見やすくする」のが目的です。

それは、テンポを速くしてタイムを縮めるのではなく、「体感」が大事で。
「体感」を短くするのは、「テンポやセリフ回し」ではありません。


「体感が短い上で、さらに2時間を切る」のが大事。


1号から12号まで、守衛も含めて13人が「全て必要があって1時間55分舞台上で生きている」
これがとにかく大事。


残り1週間の稽古。

全員に課題があり、全員に伸び代がある。

形はすでに出来ているので、あとは兎に角細部まで生きる。

物凄く役者は疲れます。

でも、自分もやって体感していますが、「役者なら喜ぶべき疲労」です。

「生きたーーー!!!!」って感じるから。


5日目の稽古は、
舞台BLACK BIRDで一緒した「大山将司」が稽古助っ人で来てくれました。

「自分にできる事があれば何でも言って下さい」

オレは、一生忘れません。


全国に今回のフライヤーが続々届いています。
「巻くよー!」って言ってくれた方にお願いして、全国でチラシを拡散しています。


みんなで作ってます。沢山の人に助けてもらってます。

IMG_6445


9日後には初日です。

千秋楽以外まだお席あります!

お待ちしております!

チケットフォームはこちらです↓
http://confetti-web.com/naikon


東京公演詳細はこちら↓
http://ナイコンブログ.jp/archives/52224726.html


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: