2019年06月01日

『12人の怒れる男』キャスト紹介:井上拓哉(劇団Patch)【キムラ】

ナイスコンプレックスプロデュース#03
『12人の怒れる男』

チケット絶賛発売中です!

6月に入りましたね。
ビジュアル撮影が始まりました。

ナイコン版の「12人」は、【漢の格好良さ】をとにかく追求します。

「人間としてダサいのはこの物語には合いません」

僕がまずカッコいいで浮かぶのは、
タランティーノ映画に出てくる登場人物です。

IMG_6128
IMG_6126

なので僕は「顔」に注目します。

「整ってる=素敵」じゃないんですね。

「個性」を大事にしてます。

キャラクターに扮する訳じゃない。
そのキャストが元々持ってる「カッコ良さ」を存分に引き出したいんです。

是非!「生」で、ご覧頂きたい。
有難い事に、東京千秋楽が間も無く完売致します。

本公演は指定席ですので、早めのご予約が素敵ですよ。

たくさんの方に観て頂きたいですね。

「沢山のお客さんの前でキャストに物語を生きて貰いたい」

『必死に物語に生きる役者を沢山のお客さんに観て頂きたい』

その想いだけです。


この公演は、キャスティングに僕独特のこだわりがあります。
「全く知らない」「観た事がない」役者はいません。

必ず一緒にやった事があるか、芝居を観た事があり、

【芝居が大好き】って感じた役者さん

にお声がけさせて貰っています。


そんなキャストさんをご紹介していきましょう。
14番目は、劇団Patchさんからの参加です。

東京・大阪陪審員7号役

井上拓哉さんです。
IMG_6304


井上くんは、舞台『SPECTER』を観させて頂いて
7番をお願いしました。

IMG_6303

「ヒューゴ」

まあなんと素敵な「ヒール」感。

これって、本当に難しいんですよ!

コッパな人間がやったら全てがチープになってしまいます。
物語が面白くなるのは「ヒール」にかかってます。


井上くんは、見事にその役割を達成しているように見えました。
僕は前情報なしに舞台を観ましたので、

「もしかすると、ヒューゴが勝ってしまうんじゃないか⁈」って思ってしまいました。
こう思わせたら、勝ちです。


ナイコン版「12人」における陪審員7号も、
まさにそのポジションです。

自分の「正義」の為に徹底的に立ち振る舞う。

かき乱し、叫び、おちょくり、自由奔放。

でも、「愛せる」。
これ、大事。

井上くんのヒューゴを観て、「7号、いた!」ってなりました。


自由奔放だからこそ、役者としてのスキルが求められます。
周りがイチバン見えてないと出来ません。


井上拓哉くんと「芝居」を創れるのが楽しみで仕方がないのです。



★ナイコン版『12人の怒れる男』チケット販売中です!
そんな井上拓哉さんが出演するのは東京・大阪両公演!
≪予約フォーム≫
http://confetti-web.com/naikon
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。
※演出の都合で客席間に通路が出来る場合が御座いますのでご了承ください。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: