2019年05月16日

『12人の怒れる男』キャスト紹介:登野城佑真【キムラ】

ナイスコンプレックスプロデュース#03
『12人の怒れる男』

昨日チケットが発売されました。

秒速で完売したお席もございまして、
皆さんの期待度をひしひしと感じております。

今日より二ヶ月後の小屋入りとなります。

「沢山のお客さんの前でキャストに物語を生きて貰いたい。」

『必死に物語に生きる役者を沢山のお客さんに観て頂きたい。』


その想いだけです。


この公演は、キャスティングに僕独特のこだわりがあります。
「全く知らない」「観た事がない」役者はいません。

必ず一緒にやった事があるか、芝居を観た事があり、
【芝居が大好き】って感じた役者さんにお声がけさせて貰っています。


そんなキャストさんをご紹介していきましょう。
と、思いまして。


まずは、
東京陪審員1号役
登野城佑真さんです。
image


登野城は何年か前の「逆転検事」という舞台で初めましてで。

休憩中にポツンと座って芝居のことばかり考えている姿を見て、

「芝居好きでしょ?」

って、声かけたの覚えています。


それで、去年の『12人の怒れる男』に参加して貰いました。
見事に、1号と言う役割を演じてくれました。

でも、僕の中には「宿題」がありまして。

今回も同じ役で入って頂きました。


登野城が芝居と向き合ってる姿が大好きでして。

色んな舞台で色んな顔を見せてくれていますが、

カムカムミニキーナの「八嶋智人」さんみたいな要素も合わさったら、
最強になるだろうなって思ってます。


去年から一年経ってどんな芝居を見せてくれるか。

去年より今年。
今年より先なんてまだ考えない。
とにかく今を全力で。



今の登野城佑真とまた「12人」出来るのが嬉しくもあり、楽しみです。

★チケット販売中です!
登野城が出演するのは東京公演!
≪予約フォーム≫
http://confetti-web.com/naikon
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。
※演出の都合で客席間に通路が出来る場合が御座いますのでご了承ください。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: