2019年04月29日

【キムラの観劇】劇団員赤眞秀輝出演『艶漢』@シアターサンモール

観劇したら、せっかくなんで残しましょう。

※感想は書きません。
娯楽は「合う・合わない」あるし、「面白い・面白くない」は簡単に言えないので。
あと「褒める」って事は責任が生じると思ってます。

サービス気分で「面白い!」とか言った発言を信用して、観劇に行って裏切られた事何回もあります。

だから、言うなら責任持ちます。

本当にいい所を言います。



2019.4.26.19:00

《観劇》
劇団員赤眞秀輝出演
『艶漢』
@新宿御苑シアターサンモール
IMG_5947

《知ってる役者いっぱい 出演》
・主演のケイトでしょ!
極上文學『こゝろ』で一緒。

拓馬も書くの大変なくらい一緒。
極上文學『Kの昇天』が初めまして。
ナイコンでは『鬼のぬけがら』
IMG_5973
あと『キミが読む物語』
IMG_5975

みかしゅんも実はナイコンが多いね。
初めましては極上文學『草迷宮』
ナイコンで『ゲズントハイト』
IMG_2814
次は『ナイスコンプレックス』
IMG_5977
二役やって貰いました。
IMG_5976
ほんで去年の『12人の怒れる男』
1A2BFCEE-F160-489F-8303-C029F33DEBE9

村田『止まれない12人』

八神は外部演出デビュー作
極上文學『銀河鉄道』で。

…ほんと、もう、極上文學がなかったら、
今の僕はありませんね笑

知ってる役者が沢山いる。
つまり、
いい役者をCLIEさんは艶漢に注ぎ込んでいるんだと分かります。

僕、いい役者さんしか覚えない事にしているのです。

《シアターサンモール》
僕が初めてお仕事させて頂いた劇場です。
つまり極上文學『銀河鉄道』です。

新宿都市伝説があります。

・なぜ、「サンモール」と言うのか?
→その昔、劇場が出来る前はこの場所に「銭湯」があり、その名残で「サンモール」と名付けた。

・サンモールスタジオは、昔シアターサンモールの楽屋だった?
→その昔、ガキ使のダウンタウンさんのオープニングトークはシアターサンモールで収録されていて、その時の控え場所がサンモールスタジオ。
昔は地下で繋がっていて、現在は閉鎖され、別れている。

・シアターサンモールの最上階はあの有名なプール
→セクシーコンテンツでよく使われるプールがあります。それが劇場の上にある。
しかもその昔そこは元々石坂浩二さんの家だった。

※ぜーんぶ新宿の酔っ払いが話してた噂です。

「電波が悪い」という印象。
あまりにも連絡取れなくて、ドラマ脚本の仕事が飛んだのを未だに覚えています。

客席は傾斜が緩く、
床は見えません。

ロビーは素敵で、
物販にピッタリです。

割と好きな劇場さんです。

新宿で飲めるし笑笑

《素敵な所!》
,垢澆泙擦鵝赤眞秀輝をずっと観てました
役者が役者たるべく舞台上で生きていました。もう少しで唯一無二の存在になってくれるかもしれませんね。
ただただ、演出のほさかさんとCLIEさんに感謝するばかりです。
あと、
黒子布に負けない「大王ヒゲ」。
これは武器ですね!

▲船礇譽鵐古な転換方法
→布や障子を使った人の入りハケを見せないアプローチ。
あと、飛び道具の見せ方も勉強になりました。

●あと、
ケイトのケツが綺麗すぎました笑

艶漢はこれまで全部観てますからね。
大阪のイベントも行ってますし。

《最後に》

原作の先生にここまで愛して・応援して貰ってる舞台は幸せだろうな、と。

先生がとても楽しんでいます。

役者も使命の様に舞台に立ち続けます。

素晴らしいですよね。


ご一緒した事ありませんが、
堀越さんやあがささん、
爆弾さんとオリラジの藤森さんに似た方。

とてもステキなキャスティングで、
芝居の軸をずっと見ていました。

堀越さん、凄かったです。


この中で、
赤眞さんが埋もれてなかったのが嬉しくて。

次は、
「名前も」覚えてもらいましょうね。
IMG_5952

「ヒゲのおじさま」こと

【赤眞秀輝】

(ナイスコンプレックス)



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: