●公式HPはこちら!●
http://naikon.jp/

2019年05月21日

【キムラの観劇】赤眞秀輝客演teamキーチェーン『ねこのはこにわ』@中野ウエストエンドスタジオ

観劇したら、せっかくなんで残しましょう。

※感想は書きません。
娯楽は「合う・合わない」あるし、「面白い・面白くない」は簡単に言えないので。
あと「褒める」って事は責任が生じると思ってます。

サービス気分で「面白い!」とか言った発言を信用して、観劇に行って裏切られた事何回もあります。

だから、言うなら責任持ちます。

本当にいい所を言います。


2019.5.19.19:00

《観劇》

teamキーチェーン『ねこのはこにわ』
@中野ウエストエンドスタジオ 上演時間:約1時間45分
20953


《劇団員赤眞秀輝 客演》
赤眞さんが客演させて頂いている劇団さんです。

赤眞さんはずっと舞台が続いています。有難く、素晴らしい事だなと感じています。

こちらの劇団さんは以前にもお世話になっていまして、本当に有難いです。


赤眞さんは「おかわり」して頂く事が多い役者です。それって、本当に素晴らしい。

「役者として、人間として」評価して頂いているって事だと思います。
うちはそうですからね。「おかわり」する人はそういう人です。


自分の所の劇団員を褒めてるなんて気持ち悪いですかね?
しょうがありません。すんません、劇団員のファンなんです。僕。

でも、
今回観に言って本当に良かった。と感じました。


《中野ウエストエンドスタジオ》
image


久々に入りましたね。
新井薬師駅から行きました。歩いて7分?くらい。こんなにかかりましたかね?

前回来たのは2011年11月の『ナイスコンプレックス』での公演でお借りした時です。

こちらの劇場は好きなんです。

「雰囲気」がしっかりあって、「人間の香り」がします。

舞台の使い方で色んな顔が見えます。

久々に劇場に入り、それだけで笑顔になってしまいました。


《素敵な所!》
,笋辰僂​​赤眞さん!
→面白い客席づくりをしてまして、舞台下手にも数席客席がありまして。
たまたま座ったその数席の目の前が「赤眞ポジション」でした笑

もう、何から何まで赤眞さんをずっと観るべくなお席でして。
ずっと赤眞さんを観てました。

最近の赤眞さんが好きな理由に、
「声で芝居をしていない」事にあります。
以前は「声発進の芝居」だった時があります。それは鬼の様に僕にボコボコにされていまして。

最近、そういうの感じなくなったんですね。

「赤眞秀輝だから出来る芝居」になって来た様にみえるんです。だからそうなると「人間の芝居に正解・不正解」なんてなくなるんですね。声でやってたら舞台ではそうなりません。

「赤眞がやってるんだから、これがイイ!んです」って思えるんです笑
(※もちろん、もっともっと良くなるんでしょうけどね)

△△辰燭い脚本
→「演劇は合う・合わないがある、お薬みたいに」って思ってるんです。これは学生の時から変わってなくて。この物語は今の僕に「ちょうどよく」。なんだか、M0で泣きそうになっていました。

昔のナイコンにとっても似ている雰囲気だったんですね。
それこそ赤眞さんが最初にうちに出た『サバイバーズ・ギルト』と似てる構成。

メンタルな時に観たいお芝居ってありますね。
刺激的も、イイ塩梅があるみたいです。

なんか、観ながらとっても勉強になりました。


●あと、
個人的に「猫」がいてくれて本当に良かったと思います。
猫がいる事によって、「今そのシーンがどういう意味なのか」がより分かった気がします。
あの役がどのくらい大変かはもうあの空間にいた全ての人がお分かりだと思いますので僕はあえて触れませんが、
猫の役の方と演出家さんに拍手ですね。

あとあと、
大家さんのお父さん。本当に達者で。役者目線で見ると「あれは難しいですよ!あの愛すべく適当さは出せない」と感心してました。演出目線で見ると「もっと欲しい!」ってなりました笑


《最後に》

劇団員が素敵なカンパニーに出させて頂いていると、本当に嬉しくて仕方がありません。

感謝仕切りです。

そのカンパニーの人と何かできたら嬉しいなー!っていつも思います。

相乗効果とかになったら最高ですね。


今日が楽日ですね。


お疲れ様です。素敵に打ち上がって下さいませ。




『12人の怒れる男』キャスト紹介:室龍規【キムラ】

ナイスコンプレックスプロデュース#03
『12人の怒れる男』

チケット絶賛発売中です!

今日は雨ですね。東京は梅雨がもう目の前です。
梅雨が明けたら、夏。

今年の夏は、去年より暑いんでしょうか?去年の「12人」は稽古場のエアコンが壊れてまして笑
リアルな環境が芝居を良くしたのを覚えています。

「夏」の顔が見えたら、「12人」の季節です。
本公演は指定席ですので、早めのご予約が素敵ですよ。

たくさんの方に観て頂きたいですね。

「沢山のお客さんの前でキャストに物語を生きて貰いたい」

『必死に物語に生きる役者を沢山のお客さんに観て頂きたい』

その想いだけです。


この公演は、キャスティングに僕独特のこだわりがあります。
「全く知らない」「観た事がない」役者はいません。

必ず一緒にやった事があるか、芝居を観た事があり、

【芝居が大好き】って感じた役者さん

にお声がけさせて貰っています。


そんなキャストさんをご紹介していきましょう。
6人目は、ナイコン久々の登場。

大阪陪審員10号役

室龍規さんです。
image


龍規とは、何年か前の舞台「龍狼伝」で初めて一緒になりました。

その時、龍規のアプローチに関して色々話しました。
役柄は「主人公と対する役のラスボス」なポジションでして。
「悪役になって欲しくない」と話しました。

僕が今も言っている「逆の正義」ですね。

龍規の役が「正義」に見えた時に、物語は面白くなる。そんな話をしたのを覚えています。


そして、ナイスコンプレックスにも参加して貰って。

『ゲズントハイト』
image


『ナイスコンプレックス』
image



「みんなのお兄さん」みたいなポジションになってくれています。

龍規は本当に「人間」が素敵。
だから「人間に愛される役者」さんなんでしょうね。


そんな龍規に、今回陪審員10号をやって貰いたいと思ってしまったんです。

前回の「12人」では三上俊さんにお願いした役です。


この陪審員10号は、一つ間違えると「モンスター」になってしまいます。
「モンスター」とは理由もなく罵詈雑言する生き物です。そこに理由が見えない。
つまり「正義」がない「悪」です。
そんな「モンスター」がいる「12人」はみたくありません。

だから、【信用の置ける僕が大好きな役者にしかお願いできない役】だと考えています。

陪審員10号には10号の「正義」があるんです。

それを龍規がどうアプローチしてくれるのか。

何年か前とは違う、お互いの成長を融合させたいと考えています。


あとシンプルに、
室龍規とまた芝居が出来るってのが嬉しいわけです。


関西弁の10号、観てみたいですよね?




★ナイコン版『12人の怒れる男』チケット販売中です!
室龍規が出演するのは大阪公演のみです!
≪予約フォーム≫
http://confetti-web.com/naikon
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。
※演出の都合で客席間に通路が出来る場合が御座いますのでご了承ください。

2019年05月20日

『12人の怒れる男』キャスト紹介:尾形大悟(劇団Patch)【キムラ】

ナイスコンプレックスプロデュース#03
『12人の怒れる男』

チケット絶賛発売中です!

今年は東京だけではなく、大阪にもいきます。

ナイコン版「12人」はアツい所へ向かいます。西へ西へです。

今年の幕が開くのは二ヶ月後。
本公演は指定席ですので、早めのご予約が素敵ですよ。

たくさんの方に観て頂きたいですね。

「沢山のお客さんの前でキャストに物語を生きて貰いたい」

『必死に物語に生きる役者を沢山のお客さんに観て頂きたい』

その想いだけです。


この公演は、キャスティングに僕独特のこだわりがあります。
「全く知らない」「観た事がない」役者はいません。

必ず一緒にやった事があるか、芝居を観た事があり、

【芝居が大好き】って感じた役者さん

にお声がけさせて貰っています。


そんなキャストさんをご紹介していきましょう。
5人目は、劇団Patchさんからの登場。


大阪陪審員12号役

尾形大悟さんです。
image


今回劇団Patchさんから、4人の役者さんに参加して頂きます。

「なぜか?」

答えはシンプル。

『いい役者さんだと感じたから』です。一緒にやりたいと思ってしまったんですねー。


劇団Patchはほんっっとうにいい役者さんが多いい!「みせる事の意味」を本気で考えてる役者がいる場所ですね。だから大好きなんです。

「12人」で組んでみたかったんですね。

そして尾形くん。
直接観させて頂いたのは、本多劇場でやってらした『SPECTER』です。
(その時の観劇ブログです↓)
http://ナイコンブログ.jp/archives/52222575.html

尾形くんの役は、
image


「グレコ」

1人だけ顔が「目」しか見えない役でした。

僕は、逆にそれがとても印象的に感じまして。

本多劇場は決して小さい劇場ではありませんが、しっかり尾形くんの「目」が見えたんですね。

そしてあのキャラクター。

あの役を演じる尾形くんを観てさせて頂いて、僕が感じたのは「とても誠実な役者さん」なんだろうなという事です。

とても真っ直ぐ純粋に「グレコ」として舞台で生きていたからこそ、めちゃめちゃ愛おしくあの役を見る事が出来たんだろうなーと感じました。

そして今回、陪審員12号をお願いしました。

僕の中での12号は、「知的」「笑い」「怒り」「大人の目線」「緩和」「人間味」な沢山の要素を持っている人間です。
そしてイチバン自分があるようで、自分に怒りも感じている。

尾形くんが演じたらどうなるのかなーって考えました。

めちゃめちゃ楽しみなんです。


ナイコン版の『12人の怒れる男』は「笑い」が大事なポイントになります。

全国の「12人」を観ましたが、そのポイントはうちの個性な気がします。

大人の男が、他人と出会い、他人の事で言い合い、自分を知る。

それをただの「怒り芝居」でやるのは、ナイコンっぽくありません。


いかに「怒らないか」これがナイコン版の大事なキモなんですね。

そこにおいてこの陪審員12号はとても大事な役割を担います。


楽しみでしかたがないのです!

是非、色んなバージョンを観て下さいね!

チケット販売中です!
そんな尾形くんが出演するのは大阪公演のみです!
≪予約フォーム≫
http://confetti-web.com/naikon
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。
※演出の都合で客席間に通路が出来る場合が御座いますのでご了承ください。


スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: