●公式HPはこちら!●
http://naikon.jp/

2020年08月19日

【くるみ】ナイコン12人

‪遅ればせながら、‬
‪舞台『12人の怒れる男』‬
‪東京・大阪全公演‬無事終了致しました!

ご来場頂きましたお客様、
劇場には来られないにも関わらず熱い応援をくださった皆様、
このような様々な不安が取り巻く状況の中、
本当にありがとうございました。

‪まだまだ夏真っ盛りですが、なんだか夏が終わってしまったような気持ちです。‬


‪今回私は衣装担当で、
今までも何度か衣装作ったり揃えたりはナイコンの公演でしていたのですが

この人数(12人+守衛×2チーム×東京大阪)の衣装を揃え管理したのは初めてだったので、
はじめ頭を整理するのに大分奮闘していました(笑)

台本と前年までの衣装、
そしてキムラさんのキャラクターイメージを元に同じ役でも役者さんによって違う方向性にしてみたり、東京から大阪へ行く間でアイテムをシャッフルしたり…。

全体のバランスもですが
1人ひとりの時計やアクセサリー、ハンカチなどの小物や靴まで地味に拘らせて頂いたので、作品のどこかにその片鱗も染み出ていたら嬉しいです!(笑)


公演が終わってもうみんな洗濯やらクリーニング屋さんにやら行ってしまったけれど、

探して脳内シュミレーションで組み合わせて
洗ったり縫ったり無限アイロンしたり、

ビジュアル撮影から約2ヶ月常にこの子たちと一緒だったので、なかなかに愛着が。

多分、来年再開しても、どれがだれのどの衣装だか絶対に即答出来る。


全部愛する自信作です。


こういう現代的な衣装を沢山揃えるのもすごく面白かった。ちょっと組み合わせパズルみたいだった。

そして何よりモデルさんが素晴らしく、
カーテンコールでずらーっと一列に並ぶ姿は爽快そのもの。

出来る限りのことはやったので満足です。

どうか作品を、役を輝かせる一部になっていますように。

一体として「まぁこれでいいかな」というものはないので、実は神経質すぎたかなと反省しているくらいですがそういう性格なのでそういう性格なんだなと改めて知ることが出来ました←


私はわたしなりに精一杯頑張った。


けど、そんなのは序の口で

キャストやスタッフ、皆それぞれがこうして最大限のベストを尽くしてひとつの作品が出来ているんだなと実感しました。

もっと風当たりの強いセクションも沢山あっただろうと思うと、頭が下がる。


劇場さん、キャスト・スタッフの皆さん、
劇団員の皆、本当にお疲れ様でした。
安全を第一に、自分を、周りを信じて進む姿がとてもかっこよかったです。


終わりはないので、これで両手放しでうぇーい!とはならないのですが、とりあえずまずは無事に駆け抜けられて、すごく嬉しい。

これからも、この夏のこの経験を糧に、
より前へ進んで行きたいなと思います。


関わって下さったすべての方へ感謝を。


ありがとうございました!


IMG_2639


くるみ




nk2007blog at 22:14|PermalinkComments(0)北野くるみの記事 

2020年01月24日

【ナイコンプペル】「なんでプペルやってんの?」プロデューサーブログ

「夢は大きな声で沢山の人に伝えると、叶う(可能性がある)」


僕が、38年間生きてきて感じてる事です。

「努力は必ず報われる」かどうかは知りませんが、

「夢は叶う」と僕は実感しています。

その代わり、その夢をずっと信じて、実現の為に、諦めない事・続ける事が出来ればの話です。


本題です。

「なんでプペルをやろうと思ったか」

僕には夢があります。

それは、「全国にある劇場を子どもやじっちゃん・ばっちゃんの笑顔が溢れる場所にする事」

子どもの笑顔が溢れるモノが最高のエンタメだと考えています。

子供が無料で遊んだり・学んだり出来る場所が「劇場」であればいい。

それが叶った時に、「演劇」の意味がひっくり返ると信じています。

一般の人が見ないモノが「演劇」

小難しくて一般の人には合わないモノが「演劇」

子供は観れないモノが「演劇」


違うんですよ。そんな「演劇」は僕はやりたくない。

あってもいいと思うんですが、僕はやりたくはない。

僕が知ってる「演劇」は物凄く楽しい。

この「楽しい」は簡単に共有できるモノでなくてはならない。


その夢が叶ったらね、千葉に行かなくても、全国に必ずある「劇場」が最高のエンタメの場所になるんです。
子供が遊べて、職業体験も出来て、無料食堂もあって、学び舎もあって、
大人になって、子供と劇場に来て、芝居見て、笑って、感動して、ご飯食べに行って、芝居の話して。

それが、僕の夢です。


その第一歩が、この「えんとつ町のプペル」なんです。

この絵本に出会い、にしのさんの思考に触れ、解釈し、研究し、、、、

「うわー!この人面白いなーーーーー!!!!」って感じました。


『ディズニーをぶっ倒す!』

イチバン響いた言葉です。

「同じ事考えてる人がいて、その人は本気で実現しかけてる!」


そして、絵本でまず「革命」を起こしました。

「えんとつ町のプペル」は著作権フリーです。

にしのさんの考えに思いっきり乗って、ナイコンで舞台化する事にしました。


こんなに日本で知れ渡ってる絵本はない!
まずは、子供達を思いっきり招待しよう!!!

演目は「えんとつ町のプペル」!それなら誰にでも観て貰える!!!


それで、一昨年の12月。上演しました。

色んなビックリが詰まった公演でした。
休憩の間、お客さんに客席から移動してもらい、大転換!

休憩明けにお客さんが戻ってきた時には、

「舞台と客席がひっくり返ってる」

2幕目は、舞台が客席で客席が舞台になってる。

舞台と客席に「壁」なんかなくなってて。

至る所が「えんとつ町」そこら中が笑顔に。


そして、これは毎年続けよう!って決めました。


せめて、一昨年の12月に子供として無料で見た子が、大人になってお金を払って見に来る日まで。

時間はたっぷりあります。

それまで続けたい。

今年は、全く違うタイプのプペルを東京で同時に2つやります。

そして、札幌でも。

日本中どこでもやってたら最高!

来年は、大阪かな?福岡かな?仙台かな?


どんどん全国でプペルをやったら、その時は全国の劇場に子供がたくさん遊びにきて、一杯の笑顔があって、急いで帰って、ご飯の時にいっぱい喋って、また見たいなって!今度は一緒に行こうって!!!




最高です。


そんな事ばかり考えています。


急がず、無理せず、楽しんで、やりたい。


IMG_7831


だから、今年も「えんとつ町のプペル」をやる事にしたんです。

決してボランティアではないので、赤字になれば終わってしまいます。

なので、大人の皆さん!

チケット買って下さい!

グッズも買って下さい!!

IMG_7832


十分、楽しんで頂ける自信があります。

一緒に、ひっくり返りましょう!


詳細、チケットは↓こちらから!

http://naikon.jp/next/next.html




2020年01月23日

【ナイコンプペル】「キャスティングは?」プロデューサーブログ

各チームの紹介とかもズビズビしていきたいんです。

その前に、
「どうやって、総勢59人のキャストが集まったのか」

一昨年のプペルと一緒です。

「手を挙げて」制度です。
ただし、条件があります。

以下が募集要項でした。

【募集】
一緒にナイスコンプレックスプロデュース
『えんとつ町のプペル』やりたい方!
役者!
条件
LINEまたFacebookで、プロデューサーキムラ真、
演出わかばやしめぐみ、美木マサオ、立川佳吾の
いずれかと、繋がっている事。
つまり、全く知らない方はごめんなさい。
配役は関係ない方。
つまり、
舞台『えんとつ町のプペル』を純粋に一緒に創りたい方。
お客さんに観て頂く努力が出来る方。
つまり、舞台に出たいだけの方は今回ごめんなさい。
以上の条件に合い、
一緒にワクワクして、目をキラキラさせたい方。
それぞれ繋がってる人物にメッセージ下さい。
(キムラかわかばやしか美木か立川に)
稽古は2020.1.20くらいからを予定。
(スケジュールは相談可能)
劇場に入る日程は、
わかばやし・美木演出の東京公演は、
2020.2.17から2.25まで
立川演出の札幌公演は、
2020.2.26〜3.1まで
★出演したい演出家の名前を書いて下さい。
★応募多数の場合は、こちらで厳選しての可否になります。
★応募期間は2019.11中です。応募者多数になり次第、締切る可能性があります。
★「どうしようかー」と悩んでいる方は、
今回はやめた方がよろしいです。
飛び付きたい人の為の【募集】でございます!
●まとめ
.淵ぅ灰鵐廛撻襪暴个燭な募集
⊂魴錣
・プロデューサーまたは、各演出家と繋がりがある方
・配役に関係なく、一緒に創りたい方
・「チケットを売る」努力が出来る方
どの演出家のチームに入るか
ずL造辰討詈は、やめましょう
ケ募したら全員出れる訳ではありません。
Ρ募方法は、繋がってる人に即意思表示
・コメントではなく、連絡
・LINEならトーク、FacebookならDM
Д錺ワクしたい方、お待ちしております!
文責 プロデューサーキムラ真

この号令で手を挙げてくれた人が先ずは決定でした。

・やりたい人とやりたい!
→これがイチバン。
・座組み作りに気と時間を使いたくない!
→探り合う時間が勿体ないので「知ってる人限定」なんです。
→「不公平だ!」という方には、来年もやるんで観に来て下さい。と言います。観に来て話せば、もう「知ってる人」です。
※そういう事言う人は大体観に来ません笑

ー蠅魑鵑欧討れた人。

次に、

▲廛蹈妊紂璽機次演出家からの推薦。

そして、

G心な方(第三者)からの他薦。


この3つです。

プペルに関しては、
オーディションはしません。

「技量」が最優先の企画ではないからです。


それで集まった。

[東京]
・わかめぐチーム 20人。
FullSizeRender

・美木チーム   19人。
FullSizeRender

[札幌]
・立川チーム   20人。
FullSizeRender

総勢59人の役者。

よく集まって頂きました!

ありがとうございます!!


僕自身初めましての方が多いのですが、
それば、
各演出家たちの「やりたい!」が詰まっている証拠なんでしょうね。

各演出家たちの「切り札」を出して頂いております。


59人分のプロマイド集めたら、
スペシャルな事起こるかもね!


3チーム共観よう!!


詳細、チケットは↓こちらから!



スポンサーリンク
Twitterやってます
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: